会社概要


ホーム › 会社概要 › 会社情報 › 沿革

会社情報

沿革

本町薬種店(いわしや市左衛門店)[「江戸名所圖會」より] (1834〜1836年)
本町薬種店(いわしや市左衛門店)[「江戸名所圖會」より] (1834〜1836年)
陸軍衛生部へ納入する野戦用消毒車 (1904年当時の店頭)
陸軍衛生部へ納入する野戦用消毒車 (1904年当時の店頭)
円筒式蒸気消毒装置(1909年)
円筒式蒸気消毒装置(1909年)
千代田顕微鏡エム・カテラⅣ型 (1914年)
千代田顕微鏡エム・カテラⅣ型
(1914年)

1870(明治3年)以前 1600年代より薬種商「いわしや」として日本橋にて営業
1871(明治4年) 医療機械部門を創設(サクラ精機創業)
1901(明治34年) 「合資会社 いわしや松本器械店」設立
1906(明治39年) 「合資会社 いわしや松本器械店」は「合資会社 冠工社」を東京市に設立
1917(大正6年) 冠工社を法人組織に改め「合資会社 松本製作所」と改称(千代田製作所創業)
消毒器工場風景(1940年代)
消毒器工場風景(1940年代)
八幡製鉄所病院へ納入した高圧蒸気消毒装置(1936年)
八幡製鉄所病院へ納入した高圧蒸気消毒装置(1936年)
電気孵卵器八型(1943年)
電気孵卵器八型(1943年)
自動固定包埋装置ロータリー(1957年)
自動固定包埋装置ロータリー(1957年)

1934(昭和9年) 「合資会社 松本製作所」を「合資会社 千代田製作所」と改称
1944(昭和19年) 千代田製作所、長野県屋代に疎開移転(現:千曲市小島 教育センター所在地)
1957(昭和32年) 「合資会社 千代田製作所」を「株式会社 千代田製作所」に改組
1962(昭和37年) 「合資会社 いわしや松本器械店」を「サクラ精機株式会社」に改組
1978(昭和53年) 研修センター(現:教育センター)設立
1979(昭和54年) サクラエンジニアリング(株)設立
オートクレープΣシリーズΣSタイプ
オートクレープΣシリーズΣSタイプ(1982年)
開発部風景(1980年代)
開発部風景(1980年代)
滅菌装置製造工場風景(1980年代)
滅菌装置製造工場風景(1980年代)
ダミーキャプション(198X年)
ETP120A(1982年)

1981(昭和56年) 更埴市新田(現:千曲市新田)に「千曲工場(現:長野千曲工場)」設立
1986(昭和61年) 米国カリフォルニア州トーランス市にサクラファインテックU.S.A設立
1987(昭和62年) 中国 北京市にサービスセンター設立
1988(昭和63年) 更埴市屋代(現:千曲市屋代)に「屋代工場(現:長野屋代工場)」建設
1989(平成元年) ASME(アメリカ機械技術協会)規格の製造認可取得
1993(平成5年) オランダライデン市にサクラファインテックヨーロッパ設立
1994(平成6年) 中国 北京市に北京事務所開設
1995(平成7年) 米国バイエル社の病理・細胞診断検査装置事業を買収
1997(平成9年) 更埴市八幡(現:千曲市八幡)に「八幡工場(現:長野八幡工場)」建設
ティシューテックエクスプレス x120(200X年)
ティシューテック
エクスプレス x120(2008年)
高圧蒸気滅菌装置VSシリーズ(200X年)
高圧蒸気滅菌装置VSシリーズ(2004年)

工業用洗浄機F1マルチ
(2009年)
展示会(200X年)
展示会(2009年)

2001(平成13年) ラボラトリー事業を分離。サクラファインテックジャパン(株)設立
2005(平成17年) SI事業部を分離。サクラエスアイ(株)設立
国際事業部を分離。サクラインターナショナル(株)設立
2005(平成17年10月) (株)千代田製作所、サクラ精機(株)合併
2008(平成20年4月) 業務受託本部を分離。サクラヘルスケアサポート(株)設立
2008(平成20年10月) プロジェクト推進本部を分離。サクラシステムプランニング(株)設立
2009(平成21年4月) グループ持ち株会社、サクラグローバルホールディング(株)設立




▲ ページトップへ