加圧脱泡のサクラ


ホーム › 製品情報 › 洗浄・滅菌分野 工業用 › 加圧脱泡装置(TACシリーズ) 液晶ガラス用オートクレーブ 

加圧脱泡装置(TACシリーズ) 液晶ガラス用オートクレーブ

携帯電話や情報端末等の小型液晶ガラスパネル(ガラス基板)に偏光フィルムを貼る際の微小な気泡を除去し密着性を向上させます。テーブルに乗るサイズで設置も簡単です。ラインの増設やレイアウト変更にも低コスト・フレキシブルにで対応できます。テスト機としても有効です。
 

加圧脱泡装置(TACシリーズ)の写真
この製品についてのお問い合わせはこちら


液晶ガラス用オートクレーブ

携帯電話や情報端末等の小型液晶ガラスパネル(ガラス基板)に偏光フィルムを貼る際の微小な気泡を除去し密着性を向上させます。テーブルに乗るサイズで設置も簡単です。ラインの増設やレイアウト変更にも低コスト・フレキシブルにで対応できます。テスト機としても有効です。
加圧・加熱により液晶ガラスフィルム・パネル貼り合わせ後の気泡を除去し高度な密着性を実現します。
独自技術により均一な温度分布と加圧状態を保持します。


加圧脱泡装置の用途

・液晶パネル(テレビ、パソコン、デジカメ、携帯電話、携帯情報端末、ゲーム機等)
・液晶ガラス基板に偏光板を貼り合わせた後の気泡の除去と接着強度の向上
・各種フィルム・シール等の貼り合わせ後の脱泡処理と密着性の向上
・IC(LSI)パッケージ実装時、封止樹脂の脱泡硬化で接続信頼性を向上
・電子部品モールド用の樹脂・プラスティック類の素材硬度を向上
・半導体、電子機器、自動車用電装品、機能性材料など各種製品の信頼性評価のための環境試験装置として。
(加圧・減圧状態並びに温度条件、評価のための測定環境を実現します。)


加圧脱泡装置の特徴

○卓上型は高性能・コンパクト設計で、研究開発・試作、多品種少量生産に適します。
○槽内攪拌に隔壁型マグネットカップリングを採用し気密・清浄性をUP
○独自の槽内攪拌機構により優れた温度分布を実現 ±1.0℃
○蓋ロックにセルフシールパッキンを採用
○漏れ・発塵・腐食対策を徹底し、コンタミを大幅低減
○缶内はSUS304、鏡面研磨仕上げによるクリーン環境
○温度・圧力・処理時間を簡単操作で設定できます。
○扉開放、過昇温などインターロック機構による各種安全装置を装備
○大型量産機をラインアップ、次世代液晶パネルにも幅広く対応します。
○インライン並びにセル生産方式にも対応します。
○クリーンルームでの使用に対応


仕様

型式 TAC-200
TAC-400
TAC-600
TAC-900
外形寸法 480W×635D×380H
610W×840D×1,490H
800W×1,200D×1,535H
1,400W×1,710D×1,800H
有効槽寸法 φ200×305D
φ395×450D
φ550×565D
φ840×1,040D
容積 9.5L
55.0L
134.2L
580.0L
最高使用圧力 0.55MPaG
0.55MPaG
0.55MPaG
0.65MPaG
常用圧力範囲 0.1〜0.5MPaG
0.1〜0.5MPaG
0.1〜0.5MPaG
0.1〜0.6MPaG
常用使用温度 室温+10〜70℃
室温+10〜80℃
室温+10〜70℃
室温+10〜70℃
電源 AC100V 単相 6A
AC200V 単相 10A
AC200V 単相 15A
AC200V 単相 22A
供給圧縮エアー 0.7〜1.0MPaG
0.7〜1.0MPaG
0.7〜1.0MPaG
0.7〜1.0MPaG
圧力容器規格 第二種圧力容器準拠
第二種圧力容器
第二種圧力容器
第二種圧力容器

処理品の大きさ・量により、スケールアップなど種々の大きさに対応した加圧脱泡装置を製作することも可能です。




製品情報



▲ ページトップへ