DDC Dolphin社マセレーターシリーズのサクラ精機


ホーム › 製品情報 › DDC Dolphin社マセレーターシリーズ Uno/ULTIMA 

DDC Dolphin社マセレーターシリーズ Uno/ULTIMA

マセレーターは再生紙で作られた単回使用の便尿器等を汚物ごと粉砕、排水処理を行うことができる装置です。処理時間は最大2分間となり業務効率やランニングコストの節減に貢献。フタの開閉はセンサーを用いたハンズフリー式のため作業者の感染リスクの低減にも貢献いたします 

DDC Dolphin社マセレーターシリーズの写真


2種類のラインナップ

マセレーターは1〜2個処理用のUno、4〜6個処理用のULTIMAの2種類となります。



なぜ、マセレーターを選ぶのか?

ディスポ製のメディカルパルプ製品を入れるだけの簡単操作です。そのほかセンサー操作によるハンズフリー(非接触)運転、独自の粉砕ディスクがより効率的で安全な運転を実現しました。医療現場の業務に大きく貢献いたします。



ハンズフリー(非接触)運転

ハンズフリー(非接触)による運転のため、作業者の感染リスク低減に貢献いたします。



仕様

マセレーターUno マセレーターULTIMA
外寸(W x H x D mm) 400 x 975 x 510 mm 500x 1042 x 600 mm
重量 約55Kg 約75Kg
処理数(1回運転当り) パルプ1-2個 パルプ4-6個
運転時間(1回運転当り) 約65秒 約120秒



製品情報

ICeberg

▲ ページトップへ